毛穴角栓

毛穴の角栓って本当にとってしまっていいの?

毛穴,角栓,詰まり,肌質,改善,スキンケア

 

毛穴の角栓をとる

 

顔面に角栓ができると、肌が黒くぶつぶつして見えたり、
毛穴の下が膨らんで見えたりして、何となく気になるものです。
女性の場合、角栓が気になると、人前に顔を出したくないと悩む人もいます。

 

 

今は毛穴の角栓を取るための商品もたくさん売られていて、
周辺の肌組織に負担をかけなくても、角栓がきれいに取れる商品も出てきています。
毛穴の角栓は本当に取ってしまっていいものなのでしょうか。

 

 

角栓は、毛穴に詰まった古い角質と皮脂が交じり合ったものでできています。
角栓を取る商品の中に、角栓の皮脂を温めて溶かす事で角栓と除去するという商品がありますが、皮脂は溶けて排出されたとしても、古い角質は取れないので、角栓はなかなか取れません。

 

 

角栓を取るのであれば、ピンセットや毛抜き、指の腹などで除去する方法もあります。
しかしこちらも周辺の肌組織に傷をつけてしまう可能性があり、あまりお薦めできません。

 

では角栓は取らずに放置するのがいいのでしょうか。

 

 

 

角栓を放置すると

 

角栓を放置すると、角栓が皮脂腺を塞いでしまい、
肌の潤いや保護の働きをする皮脂の分泌が止まってしまう事があります。
そのような場合には、角栓を取り除き、肌の機能を正常に戻す事が大切です。

 

 

 

しかし、角栓があっても、炎症などを伴わない場合には放置した方が肌のためです。
肌が育つための時間が与えられ、肌を正常にしていきます。

 

毛穴,角栓,詰まり,肌質,改善,スキンケア

 

ですから、炎症などが起きている場合は除去し、
炎症などが起きていない時は放置すると考えるべきです。

 

 

 

ただし、炎症が起きていない時でも育った角栓が自然に取れる事もあります。
自然に取れる時は取れても構いません。

 

 

自分で除去する時も、自然に取れた時も、角栓が取れると取れた所に穴が開くわけですから、しっかりと毛穴を引締めて、保湿を含めたスキンケアを行なう事が大切です。

 

 

 

>>>素肌に最適な洗顔のときの泡の立て方